お金を借りる

借入 審査 通らない

借入の審査が通らない理由

借入審査に落ちる3つの理由

借入審査を通過できないのには、申込んだ会社の与信審査に通過していない、もしくは金融業者が参照している情報機関でブラック扱いされている場合です。

 

では、どんな理由で審査に落とされるのか、大きく次の3つに分けられます。

 

返済履歴など個人信用情報

例えば、過去にカードローンの数か月の返済遅延を起こしていたり、ローンの申し込みを短期間に何社もしていたりするとその情報が信用情報機関に一定期間記録されます。
あなたが借入を申込んだ会社は、その信用情報を参照しますのでそこでブラック扱いされていたとすると
会社は当然あなたを信用できませんから審査で落としてしまいます。

 

借入件数が多い、多重債務

複数の会社から融資を受けていると、その人は自転車操業をしていたり、
資金繰りに困っているように受け取られてしまいます。

 

具体的に何社以上だと審査に通過できないかは、会社次第です。
1社だけの借入でもダメなところもあれば、4社までならoKという会社もあります。

 

総量規制

消費者金融からの借入金額の合計があなたの年収の3分の1に達していたとすると、
消費者金融はあなたにそれ以上融資することが出来なくなっています。

 

これは消費者金融に関して当てはまることですので、銀行からの融資に関しては総量規制の対象外となります。
もし総量規制で借りられなかったとしたら、銀行に借入審査をしてみると良いかもしれません。

 

 

ここで紹介した借入の審査に通らない理由はあくまでも一例にすぎません。
金融会社は独自の与信システムを持っていますので、審査に通らない理由と言うのはあいまいなところもあるのが現状です。
借入とはお金を人に融資するものですので、最終的にはその人自身のこれまでの信頼が見られていると自覚することが大切です。

 

このほかにも借入審査で見られるポイントはありますので、詳しくはこちらのサイトを参照してみると良いでしょう。

 

借入する人はどんな人で、どんな理由でお金を借りるの?

キャッシングを身近に感じている人もいれば、自分には無関係という人もいるでしょう。
では、キャッシングを利用している人というのは、どういった人たちなのでしょうか?

 

まず、キャッシングを利用している人の人数は、意外にも多く、日本国民の10人に1人だといわれており、利用者は年々増加傾向です。
これは現在の日本の経済状況を物語っており、まだまだ不況から脱出できていないことを表していると思って良いでしょう。
キャッシングというと男性がよく利用するイメージが強いと思いますが、実際は女性の利用者も多く、現在は男性が6割、女性が4割という割合になっています。
一昔前であれば、キャッシングに抵抗を感じる女性が多かったですが、今は女性向けのキャッシングが増えてきているので、その影響があるのかもしれません。
キャッシングを利用する年齢層は、20代〜40代が多く、特に30代〜40代といった家庭を持っている世代の利用が多いです。
家庭を持つと子供にお金がかかってしまうので、そのお金をキャッシングで補填しているという家庭が多いのではないでしょうか。
また、子供のお金以外にも、旦那さんの場合は仕事の付き合いや趣味のお金としてキャッシングを利用することが多いでしょうし、奥さんの場合はママ友との交際費やショッピングなどにキャッシングを利用することが多いです。

 

年収別で利用している人を見てみると、キャッシングを最も利用している人は、年収500万円以下の人たちです。
その人たちの利用目的は、生活費の補填、交際費、借入金返済が多く、中でも生活費の補填に利用される人が大半です。
キャッシングと聞くとギャンブルやショッピング目的で利用される方が多い印象ですが、実際は生活費を穴埋めするために利用されているケースの方が多いようです。

 

そして、最近では店舗や自動契約機ではなく、インターネットで借入れ低金利の申し込みをされる方が増えています。
気軽に申し込めるインターネット申し込みに対応しているところが非常に多くなっているので、これからもますます利用者が増えていくのではないでしょうか。

 


ホーム サイトマップ